見晴らしの良い家

比較と期待額

賃貸経営をする上での王道は住居を貸すというものであり、賃貸マンションが筆頭に挙げられます。面積当たりの戸数を稼ぐことができる高層賃貸マンションは特に収益を高められることが期待できるものです。

現状までの歴史

賃貸マンションは色々な要素が組み合わさって金額が決まる物となっていますが、最近では利用者の事を考えて、初期費用などを抑える取り組みも行っています。色んな情報を集めて探していくことです。

費用を考える

賃貸マンションを借りることになると、敷金や礼金などの初期費用と、引越し費用がかかります。どんなに少なく見積もっても、家賃の半年分くらいは最初に資金として用意しておく必要があります。

相場と考え

家具付きマンションというのは、ときどき見つけることができますが、オーナーが自ら家具を設置していることもあります。オーナーの趣味で家具がすでに設置されているので、自分の趣味と合わないということも起こってきます。

ネットで済ませる

不動産会社のホームページでは、住みたいエリアや駅名、家賃の上限、間取り、設備、駅から徒歩何分かなど条件を設定して賃貸物件検索することができます。たしかに条件を設定することで、自分の希望条件にある賃貸物件が絞り込みをするのが簡単にできるので便利なのですが、物件は掲載されている情報だけでなく実際に地図上で確認をすることです。徒歩10分と書いてあっても、80mで徒歩1分ですので坂道などの勾配は計算に含まれていないからです。そのため地図確認も必要になってくると言われているのです。

インターネットで賃貸物件を探すことは非常に便利です。気に入った物件があったらその部件の情報もメールで問い合わせすることができます。すると折り返しメールや電話で不動産会社から連絡があります。実際に不動産屋に来店してその物件の情報詳細説明を聞くことができます。実際に物件を見学させてもらえて申込をするとなった場合に、入居申込金がかかることがあります。入居申込金とは入居の意思確認として家賃の1カ月分程度請求されることがあります。入居申込金を払ったからといって契約というわけではなく、あくまで入居の意思提示になり預り金になります。次のステップで入居審査が行われ、もし入居審査に通過しなかった場合には返還されるお金になります。